オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

太陽光パネルのケーブルの劣化が多いです


IMG_1683-columns1
 太陽光パネルから直流のケーブルを接続箱、パワコンまで引き込み、ケーブルを配管でカバーしますが、10年ほど前までは被覆の配管がPF管(シングル)が多く使われていました。しかし劣化がひどいことと、太陽光パネルは20年以上使う商品という考えから、PFD(ダブル被覆)管が多く使われています。
 通常、屋根に上がらないとわかりませんので、状況が発見されにくいです。
 弊社は、電気工事業で各種太陽光メーカーの施工IDもありますので、ケーブルの入れ替えや、パネルの載せ替えなどにも対応できます。

 太陽光パネルの架台の部分から雨漏りがするなど、施工不良による不具合も多くあります。

どうぞお気軽にご相談ください。

 

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

53db0b65aad27869dea722e0a76187d1

先日多治見市のお客様より、雨漏りしているので修繕の見積りをしてもらいたいとのご連絡をいただきましたのでお伺いしてきました。お電話を頂いた際に雨漏りの被害を受けた壁や天井も見積りに入れてほしいとのことでしたので一緒に見させていただきました。

7cfef701e3913c0ce114cca8767df470-e1601365010816

恵那市にて新築のお家を建設中のお客様のところへ太陽光パネルの取付に行ってきました。今回のお客様は瓦屋根のお家でしたので支持瓦というものを使用してパネルの取付を行いました。瓦屋根にも太陽光パネルを設置できるの?とお思いの方もいらっしゃるかと思...........

9a03688e4c5aab25fc61ca830ca2720e

先日、瑞浪市の会社様の工場のカバールーフ工事をさせていただいたのですが、同時に照明の取替もご依頼をいただいていたので取替にお伺いしてきました。工場の天井から吊り下げているので高所作業車を使用して作業しました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら東濃店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-8686-25