太陽光パネルのケーブルの劣化が多いです


IMG_1683-columns1
 太陽光パネルから直流のケーブルを接続箱、パワコンまで引き込み、ケーブルを配管でカバーしますが、10年ほど前までは被覆の配管がPF管(シングル)が多く使われていました。しかし劣化がひどいことと、太陽光パネルは20年以上使う商品という考えから、PFD(ダブル被覆)管が多く使われています。
 通常、屋根に上がらないとわかりませんので、状況が発見されにくいです。
 弊社は、電気工事業で各種太陽光メーカーの施工IDもありますので、ケーブルの入れ替えや、パネルの載せ替えなどにも対応できます。

 太陽光パネルの架台の部分から雨漏りがするなど、施工不良による不具合も多くあります。

どうぞお気軽にご相談ください。

 

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

328952aa838244bac60c46e4b95fe91a

 スレート屋根の上に割れて吹き飛んだ破片や、谷樋に多くの落ち葉(近くの山から飛んできます)や、土(鳥が運んできます)が多くあり、撤去が大変です。 古いスレートなので天気都合や、朝早くは、今の時期は露がついていて滑るので相当気を使います。

IMG-2206

 以前からのお客様から照明の交換を依頼され、簡単なことだと思っていったら、階段の吹き抜けの上にある照明の交換でした。 道板が2mのものしか手持ちがなかったので継ぎ足して脚立とロープで固定し作業いたしました。怖っ!! 下地を固定し何とか取替が...........

DSCF1127

押し入れの枕棚の上のベニヤを持ち上げそこから小屋裏に入ります。早速、ネズミさんがいた形跡がありました。現在は駆除されていないそうです。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら東濃店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-8686-25