オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根工事と雨漏り補修に必要なシーリングやコーキングの種類と使用法


シーリングやコーキングの種類と使用法
 一般的な戸建て住宅だけでなく、ビルなどの建物においてもさまざまな箇所に使われているのがコーキング剤やシーリング材と呼ばれる充填剤です。容器に入っている時は半固体状の粘弾性を持ち、乾燥して固まるとゴムのような弾性を持つ物質になります。主に建築資材と資材の隙間に充填され、それらの接触による破損を防ぐ緩衝材として利用されたり、漏水を防ぐ目的で使用されます。
 基本的にシーリングとコーキングは同じものと考えて問題ありませんが、それぞれ複数の種類が存在し、建材や使用する場所に合わせて最適なものを選ばなければなりません。このページではシーリングやコーキングを必要とする工事とその場所、その工事に最適なシーリング材やコーキング剤とその特徴、お薦めのシーリング材やコーキング剤を紹介していきます。

屋根や外壁の工事に欠かせないコーキングやシーリングとは

 屋根や外壁などの外装工事では室内側への漏水を防ぐべく、さまざまな工夫が行われています。リフォームなどではこれまで使用されていた建材を取り外すことも多いため、釘などで固定されていた場合、その撤去跡にはどうしても穴が残ってしまいます。この穴、リフォーム後に隠れてしまえば、美観の問題については解決できるかもしれませんが、そこに雨水が溜まったりすれば、悪影響が出ることは必至です。

 また、空隙となっていることから、ここを起点にクラックや裂けが発生することも考えられます。こうした穴や空隙をなくす補修のため、充填されるのがコーキング剤やシーリング材です。
穴や空隙をなくすための補修で充填されるのがコーキング剤やシーリング材
スレート屋根材のひび
コーキング剤やシーリング材で補修
 コーキング剤やシーリング材はこうした補修などの他、新築でも、リフォームでも、さまざまな場面で活躍しています。水密性を求められるキッチンや洗面所、お風呂場、これらの新設や交換といった場合にもコーキング剤やシーリング材は漏水を防止するため、用いられています。

 お風呂の場合、バスタブと壁や床の取り合いの部分に充填されているゴムのようなものがコーキング剤やシーリング材です。建物の外では窯業系サイディングの外壁の目地に充填されているものがコーキング剤やシーリング材です。建物の内外を問わず、私達の生活のために活躍してくれているのがコーキングやシーリングなのです。
建物の内外を問わず活躍!コーキングやシーリング


コーキング剤とシーリング材は同じもの? 違うもの??

 現在の現場ではコーキングシーリングも、コーキング剤シーリング材ほぼ同じ意味で使われています。例えば、屋根の棟板金交換などのお見積りで「シーリング処理」や「コーキング処理」といった違った表現が出てきても、施工内容は同じです。シーリング材(コーキング剤)を棟板金の繋ぎ目に塗布したり、充填したりして、その内部へ雨水が入らないようにする工程のことです。
シーリングやコーキングなど違った表現でも施工内容は同じです
 なぜ2つの言葉が存在するかというと以前は日本工業規格(JIS)によってシーリング材と油性コーキング剤が明確に定義づけされていたこと(現在は廃止)、英語に「隙間に詰めものをする」caulkという単語と「封をする」というsealという単語が存在することが影響しています。どちらの言葉を使ってもほとんどの場合、業者に通用しますのでご安心ください。
シーリングやコーキングはどちらの言葉でもほとんどの業者に通用します


場所とその用途に合わせてさまざまなシーリング材が存在

 一般的な戸建てに限らず、建物には水密性や防水性が求められるところが多数存在し、その度合いも大きく違ってきます。
場所によってより緻密な水密性や防水性が求められる
 例えば、同じ水廻りでもお風呂とキッチンでしたら、お風呂の方がより緻密な水密性や防水性が求められるのは想像できますよね。外廻りでもお部屋と直接繋がる窓のサッシと奥に透湿防水シートが控えている窯業系サイディングの目地ではサッシの方が高度な防水性を求められます。

 また、各部で使われる素材も違いますので、それに合わせたシーリング材が必要になってきます。
シーリングを打つ場所や・用途によって最適なシーリングの種類を選びます

 キッチンでは熱湯や加熱された油、お風呂でその半分未満の温度のお湯が使われます。
 こういった場所に使用されるシーリング材には耐熱性と耐水性はもちろんのこと、清潔さも必要ですので汚れにくい撥水性も求められます。そういった要望に応えるのがシリコン系シーリング剤です。
シリコン系シーリング材

 窯業系サイディングの目地へのシーリングは塗装前に充填してしまう先打ちと塗装後に充填する後打ちが存在します。前者の先打ちは目地の色が外壁と異なるため嫌だから、一緒に塗ってしまいたいという方向けです。
 そんな方にお薦めなのが塗装可能な変性シリコン系シーリング材です。水廻りでも使用できるシーリング材ですが、シリコン系よりも耐用年数は短めです。
変性シリコン系シーリング材

 密着性に優れている上、弾力性に富んでいるのがウレタン系コーキング剤です。モルタル外壁などのクラックの補修、木材の破風や鼻隠しなどで経年により隙間ができてしまった場合の補修に向いています。
 弱点は紫外線に弱いことで、充填後は塗装してあげることが必須項目となっています。
ウレタン系コーキング剤


シーリングやコーキングを必要とする工事
 多くの方はシーリングやコーキングというと、窯業系サイディングの目地の打替えを思い浮かべると思いますが、実はそれ以外にもシーリングやコーキングが工事で使用されることはかなり多いのです。

 例えば、これまで外壁にビスなどで据え付けてあった機器が不要となり、それを撤去した場合、その穴が残ります。こういった機器撤去後のビスの穴、美観の問題もありますが、そのままにしておくと後々トラブルを招き兼ねません。穴の開けられていない部分と開けられた部分では雨水の染み込みやすさも違いますし、水分が残ったままになれば寒い季節には凍害で外壁にクラックが入ったり、一部が欠け落ちてしまうことも考えられます。
様々な工事で使用されるシーリングやコーキング
 こういったちょっとした穴を埋める際にもシーリング材などが使われます。シーリングやコーキングがメインで活躍するというよりも、どちらかでいうと細かい部分で使われることも多いのです。

 キッチンやお風呂などを交換した際にもシーリング工事は行われます。お風呂などでは経年でシーリング材にカビが生えることを嫌い、数年おきに打ち替えている方もいるようです。ここでは主に外装工事でシーリングを必要とするものをあげておきます。


スレート屋根や金属屋根の棟板金交換
 切妻屋根などの場合、棟板金の繋ぎ目からその下へ雨水が入ってくる可能性は少ないのですが寄棟屋根の場合、大棟と下り棟の接合部分、Y字型の継ぎ目が天を向いているため、漏水リスクが高くなります。そのため、この部分の繋ぎ目はシーリングで塞がなくてはなりません。お客様が目にすることは滅多にない部分ですが、雨水の流れを妨げないよう養生テープを使用して綺麗に仕上げることが求められます。
before1
棟板金交換施工前

horizontal
after1
棟板金交換施工後

棟板金交換施工中

貫板は水に強いタフモック

 スレート屋根というのは最も復旧しているせいか、変わった形状のものも多いですね。こちらは招き屋根とギャンブレル屋根という要素を持った複雑な形状です。都市の斜線規制のため、このような複雑な形状になったのでしょう。複雑な形状、3階建てとさまざまな条件が重なった結果、屋根塗装の途中で棟板金を交換するのが最も適切と判断されました。外れかけた棟板金を外し、これまでの貫板を撤去していきます。新しい貫板は水に強いタフモックにしました。タフモックを取り付けた後、棟板金を設置していきます。
棟板金がY字型に交わる部分には雨水が浸入しないようシーリング材を塗布
棟板金交換設置後の塗装作業
 棟板金がY字型に交わる部分には雨水が浸入しないよう、シーリング材を塗布しておきます。棟板金設置後、再び、屋根塗装の工程に戻ります。
竣工、屋根塗装と棟板金交換
棟板金交換と屋根塗装後のドローン撮影
 棟板金交換と屋根塗装が完了しました。足場を解体し、周辺がすっきしたところでドローンによる撮影です。左上方の見えない屋根面が寄棟となっている部分です。バルコニーの笠木あたりからは違う方向へ延びる屋根もあり、ここでは入母屋屋根の要素も入り込んでいます。



瓦屋根の棟取り直し
 老朽化した瓦屋根で鬼瓦が外れかけており、今にも落ちそうなものを見たことはないでしょうか。実はこの鬼瓦、裏に銅線が結ばれて固定されており、それで落下を防ぐようにもなっています。もちろん、銅線が解けたり、切れたりすれば落下してきます。棟取り直し工事の際、これまでは棟瓦全てを解体し、積み直して正常な位置に戻し、鬼瓦は銅線とともに漆喰で固定していました。しかし、瓦の表面がツルツルしていることなどから漆喰では固定力が長期に渡って保持できないことも多かったのです。現在は鬼瓦の裏面はシーリングその他の部分は漆喰で固定、プラスして銅線やワイヤーで緊結されています。
before1
棟取り直し施工前

horizontal
after1
棟取り直し施工後

熨斗瓦の土台や積み重ね部分にはシルガードを使用
大棟と側面と下り棟の上端が干渉する部分にはシーリングを使用
 棟取り直しを行った際、熨斗瓦の土台や積み重ね部分、冠瓦の土台にはシルガード(昔ながらの漆喰とシリコンが配合されたもの)を使用しましたが、大棟と側面と下り棟の上端が干渉する部分にはシーリングを使用しています。地震や強風時に大棟と下り棟が動いた場合、柔軟性のない漆喰やシルガードでは剥がれたり、割れたりしますが、シーリングならばそのような心配も皆無です。
下り棟の先端の鬼瓦の固定にもシーリングを使用
 漆喰が剥がれやすい下り棟の先端の鬼瓦の固定にもシーリングを使用しました。漆喰よりも汚れが目立ちやすいのではないかという懸念はありますが、鬼瓦の裏側なので人目に付くことはありません。

 瓦同士をシーリング材やコーキング剤で接着し、落下や飛散を防ぐ工事にラバーロック工法というものがあります。確かに強風時や地震時に落下や飛散しにくくはなりますが、それもある程度までで、大きな台風や地震の時に落下や捲れあがってしまったケースも確認されてます。瓦1枚でも落下や飛散は危険なのに、ラバーロック工法の場合は接着された瓦がまとまって落下したり、飛散するのでさらに危険です。
ラバーロック工法の間違った事例
瓦の4辺をシーリング材で塞いでしまうのはラバーロック工法の間違った施工方法
 瓦の4辺、全部をシーリング材で接着してしまうと、屋根材の下に入ってしまった雨水の排水や乾燥を妨げることになるので、雨漏りに繋がります。未だにこういった工事を進めてくる業者もいますので注意しましょう。
雨漏り補修
 雨水の浸入経路が判明しており、それが屋根のちょっとした隙間や穴からの場合、シーリング材で塞いで雨漏りの補修を行うこともあります。サッシと外壁の隙間から雨漏りしている場合、シーリング材の増し打ちで雨漏りを止めることも不可能ではありません。ただし、こういった補修は応急処置であることがほとんどで、いつまで持つかは分からないので、いずれは本格的な工事をしなければなりません。
before1
モニエル瓦屋根の雨漏り補修前
horizontal
after1
モニエル瓦屋根の雨漏り補修後
浮いた釘を打ち込む
打ち込んだ釘にシーリングを注入して隙間をなくす
 かなりの築年数が経っており、防水紙が劣化していることもあり、さまざまな部分から少しずつ雨漏りしていることが分かりました。浮いた釘の部分からも雨水が浸入しており、その真下の防水紙と野地板に染みができていました。釘を打ち込み、雨水が浸入しないようシーリングで隙間をなくします。
漆喰の剥がれ部分にシルガードを詰める
シルガードを詰めた漆喰部分
 漆喰の剥がれ、その奥の葺き土が流出した部分からも雨水が浸入していました。葺き土としても使えるシルガードを詰めて葺き土の代わりとし、なおかつ漆喰の代わりにもします。
雨漏り補修の応急処置後
 廃盤のモニエル瓦防水紙の劣化ということで本来ならば屋根葺き替えがベストなのですが、「3~5年程度、持てばよい」というのがお施主様のご希望です。それだけ持たせるのに屋根葺き替えは高額なのでこのような工事となりました。後日、「雨漏りしなくなって快適に生活できるようになりました」と感謝のお言葉をいただきました。




窯業系サイディングのシーリング打替え
 これまでの目地のシーリングを全て撤去し、新しいものへと打ち替える工事です。外壁塗装に合わせて行うことがほとんどですが、シーリング打替えのみを行うケースもあります。窯業系サイディングの目地のシーリングは目地部分からの雨水の浸入を防いでいるだけでなく、地震などでサイディングが動いた時に隣接しているものとぶつからないようにする緩衝材の役目も持っています。シーリングが健全であれば、サイディングボードのクラックや割れや欠けも防げるのです。
シーリング目地のひび割れ
オートンイクシード
 現在、築18年ということですから、ひび割れはできていますが、シーリングとしてはかなり持った方なのではないでしょうか。築10年を待たずにボロボロになってしまうものある中でこれは凄いことです。シーリングと窯業系サイディングの間に隙間ができている部分もありませんでしたので、丁寧に施工されたようです。
プライマー塗布
シーリング材の充填
 これまでのシーリング材を撤去し、シーリングの打替えを行います。まずはプライマーを塗布していきます。プライマーが不足しますと耐用年数を待たずにシーリングと窯業系サイデイングの間に隙間ができてしまいます。その後、シーリング材を充填していきます。オートンイクシードは耐用年数20年超という驚異的な寿命のシーリング材です。
ヘラで均したシーリング材
シーリング打ち替え工程終了
 促進耐候試験、人工的に降雨や寒暖を作り出し、どれだけの耐久性があるかを見るテストでは30年を超えても、シーリング材としての機能と性能を保持していたという結果が出ています。

 ヘラで均した後、完全に乾燥する前に養生テープを剥がせばシーリングの打替え工程は終了です。

窯業系サイディングのシーリング打ち替えはオートンイクシードがお勧め
オートンイクシード
オートンイクシードの耐用年数は20年
 シーリング材は適切なものを適切な場所に使用することで、その能力を最大限に引き出すことができます。

 窯業系サイディングで外壁塗装を行う場合、セットで行われることが多いのが目地のシーリング打替えです。窯業系サイディングの目地に充填するシーリング材もさまざまな製品がありますが、最もお薦めなのはオート化学工業株式会社の「オートンイクシード」です。
 オートンイクシードの耐用年数は20年長とも言われており、降雨や寒暖を人工的に再現して行うサンシャインウェザーメーターによる促進耐候試験では30年相当にあたる6000時間を経過しても、その性能が低下せずシーリング材としての機能を保ち続けたと記録されています。現在の無機系塗料には25~30年という耐用年数のものも存在します。それに相当するシーリング材がオートンイクシードなのです。
シーリング材の「耐久性」と「耐候性」比較
 耐用年数が無機系塗料よりも短いシリコンやフッ素などの塗料で外壁塗装を行い、オートンイクシードでシーリング打替えを行った場合、次の塗り替え、場合によっては次の次の塗り替えでシーリング打替えを行う必要はありません。長い目で見たら、かなりお得なシーリング材と言えるわけです。



シーリングやコーキングのことなら街の屋根やさんにお任せください
 シーリング材(コーキング剤)は一般的なホームセンターでもさまざまな種類が販売されています。「これまで使用していた給湯器などの設備機器を取り外したので、外壁にネジの穴が残ってしまった」、「1階のスレート屋根のちょっとした欠けを直したい」、「塀のひび割れを埋めたい」などの軽微な補修は『この程度なら業者に頼むまでもないかも』と考えがちですが、DIYで直すのはお勧めできません(そもそも1階でも、それ以上でも屋根にのぼるのは危険なので厳禁です)。
DIYで直すのは危険です
 前述のようにシーリング材はさまざまなものがあり、場所に合わせて最適なものを選ばなければなりません。その場所に適したものでないシーリング材で補修した結果、余計な不具合を招いて状況を悪化させ、それらを含めて専門業者に直して貰ったら余計にお金が掛かってしまったというケースは少なくないのです。昨今のDIYブームやネットで簡単に情報が手に入るようになった今、そういったケースは寧ろ増加傾向にあるようです。街の屋根やさんでも「自分で何とかしようと思ったけど、うまくいかなかった」とご相談を受けることが増えてきました。
間違った補修は余計に費用が掛かってしまうケースもあります
 緊急の要件でない限り、まずは専門家の私達にご相談してからご検討しても不都合が起こることはないでしょう。シーリングやコーキングのことなら街の屋根やさんに何でもご相談ください。験豊富なスタッフが現場をしっかり点検し、お客様に対して最適なアドバイスを致します。まずは街の屋根やさんの無料点検をお試しください。



コーキング剤とシーリング材のまとめ

●コーキング剤とシーリング材は呼び方が違うだけで基本的には同じものです

●場所と用途に合わせてさまざまな種類のコーキング剤とシーリング材が存在します

●耐水性と耐久性に優れたシリコン系コーキング剤はキッチンやお風呂といった水廻りに最適です

●変性シリコン系コーキング剤は塗装可能ですので窯業系サイデイングの目地に適しています

●防水性と密着性に優れるウレタン系コーキング剤はモルタル外壁の補修や木材の隙間を埋めるのに適しています

●棟板金交換工事では板金の繋ぎ目の隙間を埋めるためにシーリング材が必要です

●現在では棟取り直し工事で鬼瓦を固定するのにシーリング材が使用されるようになりました

●ちょっとした隙間や穴からの雨漏りを防ぐのにもシーリング材が使用されます

●窯業系サイディングなどのシーリング打替え工事の主役はシーリング材です

●世の中には耐用年数20年超というオートンイクシードというシーリング材も存在します


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら東濃店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-8686-25