オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

米原市野一色で太陽光発電システム設置依頼で現地調査


太陽光現調
米原市野一色で太陽光発電システム設置依頼で現地調査に伺いました。 
建物の築年数は不明です。屋根は、「入母屋」タイプです。古くからある、日本の伝統的な屋根の形です。 
このタイプのメリットは、①屋根裏の通気性と断熱性が高い、②4面で構成されているので耐風性も高い、③ほかの屋根にはない重厚感がある点です。反対にデメリットは、①メンテナンスの際に高い技術が必要なのでその費用が高価になる高くなる、②雨漏りしやすい点です。 
では、早速、屋根に上りましょう。 
太陽光現調
太陽光現調
瓦はいぶしの和瓦です。 
この「鈍い輝き」は「いぶし瓦」ならではの輝きです。私は、個人的に大好きです。「重厚感のある造りにいぶし瓦」の組み合わせ、非常に格好いいです。扇形に輪っかがついている瓦が一列に並んでいます。これは、「雪止め用瓦」です。この瓦は、屋根に積もった雪を軒先に落とさないようにするために取り付けます。「自宅の軒先で思わぬ事故」って結構ありますからね。「落雪」の雪って、水分を多く含んでいることが多いので重量があって危険です。アニメのようにまともに立っていられるようなものではありません。気を付けたいものです。 
屋根の勾配は5寸です。少しだけキツメです。
太陽光現調
太陽光システムに必要な機器を設置する場所の選定です。 
場所の選定にあたり、いろいろな制約があります。この機器の作動中は「熱」を発するため、直射日光が当たらない、熱がこもらないなどメーカーが定めた離隔(スペース)を確保することが必要です。 
世間では、買取価格(売電価格)が下がったというニュースばかりが流れています。しかし、それ以上に設置コストが下がっていることもニュースにしていただきたいですね。 
みなさん、今年の夏は大変暑かったですね。太陽光に断熱効果があるってご存知ですか。気になる内容はこちらから・・・。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

s-S__5775377-e1600320872156

先日は築年数が経ってきたということで、多治見市の会社様の工場のカバールーフ工法を施工してきました。それも通常のカバールーフではなく、特殊な金具を使用して施工しましたので利点等合わせてご紹介します。

086eaa57a5e400394a980c5fe2d02654

先日、多治見市のお客様より出窓で雨漏りをしていて困っているとのご連絡をいただきましたので現地調査にお伺いし、お見積りを提出しておりました。そして、ご依頼をいただけましたので補修にお伺いしてきたときの様子をご紹介致します。

倉庫入り口

昨日は多治見市の会社様の倉庫をカバールーフ工法にて葺き替えをしました。スレート屋根からガルバリウム鋼板の金属屋根にカバールーフをします。以前にもカバールーフ工事をさせていただいたのですが、倉庫がとても大きいので工期や金銭面など色々考慮して分...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら東濃店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-8686-25