オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

多治見市音羽町で樋の取付をしました。


多治見市音羽町にて先日屋根を新しい金属屋根に葺き替えたお客様の樋を取付させていただきました。

といは屋根の次に家を守っている箇所になります。

といが破損していたり、なにかしらの要因で外れていたりすることで

思わぬ被害を受けることになる可能性がでてきます。
雨どい
多治見市の現場の様子になります。

以前の樋は
白色に屋根と同じ色の塗装がなされていましたが

劣化により塗装がはがれ酷い状態でした

また勾配もゆるく
飛来してきた枯れ葉等が堆積し
詰まりの原因にもなっていました。

雨どい反対側
こちらは反対側になります。

雨どいの色はお客様と相談し
塗装はしない方向で

黒っぽい色が欲しい

ことでこちらに決めました。

屋根に合わせてありかっこいいですね。
雨どいうけ
雨どいの受けの部分です。

こちらは以前のものを再使用しております。

色は屋根色に合わせてあります。
雨どい拡大
しっかり固定金具に留めてありますね。

ここがしっかり留めてないと
ズレて雨どいとしての機能が低下してしまいます。

重要なところですね。
以上、樋の取付完了しました。
いかがでしたでしょうか?
雨どいがないと雨水が直接壁や地面にあたり、腐食させていってしまいます。

樋はゴミもまとめて受けてくれるのでたまに掃除することも必要になってくるかと思いますが

是非私たち街の屋根やさん東農店にまでご連絡ください。

それではこれにて完工です。有難うございました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

s-S__5775377-e1600320872156

先日は築年数が経ってきたということで、多治見市の会社様の工場のカバールーフ工法を施工してきました。それも通常のカバールーフではなく、特殊な金具を使用して施工しましたので利点等合わせてご紹介します。

086eaa57a5e400394a980c5fe2d02654

先日、多治見市のお客様より出窓で雨漏りをしていて困っているとのご連絡をいただきましたので現地調査にお伺いし、お見積りを提出しておりました。そして、ご依頼をいただけましたので補修にお伺いしてきたときの様子をご紹介致します。

倉庫入り口

昨日は多治見市の会社様の倉庫をカバールーフ工法にて葺き替えをしました。スレート屋根からガルバリウム鋼板の金属屋根にカバールーフをします。以前にもカバールーフ工事をさせていただいたのですが、倉庫がとても大きいので工期や金銭面など色々考慮して分...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら東濃店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-8686-25