オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

土岐市泉島田町で雨漏りで現地調査の続きになります


雨漏り排水口
箱樋(北東側)の〇印のところにも排水口が一つあります。排水に大きな影響がない程度のゴミが溜まっていました。この箱樋に南東側と北東側に排水口が一つずつあります。
ゲリラ豪雨の際に、この二つの排水口で排水処理ができていないかもしれません。
ほかにも雨漏りの原因があるかさらに調査します。
雨漏り樋
右の箇所の外観です。
経年劣化していました。もう、そろそろ現役引退です。そして今後のために、この隣りに排水口を一つ追加することを提案します。南東側に一つ、北東側に二つの排水口でゲリラ豪雨にも対応できると思います。
雨漏りパラペット
パラペットと笠木の状況です。
こちらもやはり劣化が進んでいます。以前に上塗り塗装がされているようです。しかし、塗装がはがれていたり、色があせています。笠木は劣化のため浮いている箇所が、パラペットの板金反り返っている箇所もチラホラはあります。屋根面にあわせてこちらも重ね貼りを提案します。
雨漏り棟巴
棟板金の状況です。
屋根面と棟板金の間に、少し「空き」があります。コーキングで処理が必要です。屋根板金下にある防水シートが機能していれば大丈夫なのですが・・・。ただ、今回の場合はこの棟板金も交換です。
交換の際は、屋根面と棟板金がぴったりになるように加工します。職人さんの腕の見せ所です。 

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

s-S__5775377-e1600320872156

先日は築年数が経ってきたということで、多治見市の会社様の工場のカバールーフ工法を施工してきました。それも通常のカバールーフではなく、特殊な金具を使用して施工しましたので利点等合わせてご紹介します。

086eaa57a5e400394a980c5fe2d02654

先日、多治見市のお客様より出窓で雨漏りをしていて困っているとのご連絡をいただきましたので現地調査にお伺いし、お見積りを提出しておりました。そして、ご依頼をいただけましたので補修にお伺いしてきたときの様子をご紹介致します。

倉庫入り口

昨日は多治見市の会社様の倉庫をカバールーフ工法にて葺き替えをしました。スレート屋根からガルバリウム鋼板の金属屋根にカバールーフをします。以前にもカバールーフ工事をさせていただいたのですが、倉庫がとても大きいので工期や金銭面など色々考慮して分...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら東濃店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-8686-25