オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

土岐市泉島田町で塗装工事(看板撤去など)


before1
外壁塗装
horizontal
after1
外壁塗装
土岐市泉島田町で塗装工事の続きです。 
塗装前にご依頼いただいた看板を撤去します。こちらの看板、いつ設置したのか不明だそうです。施主のスタッフさんに伺いましたが、「私が入社したときには、もうありました。なので、15年以上前じゃないですか。」とのことです。確認すると、たしかに看板の文字は色あせて取付けるための木枠もボロボロ、クギはもちろんサビています。 
まずは、撤去作業です。思いのほか、寸法が1,800mm×3,600mmとワリと大きめです。板金でケガをしないよう注意深く取り扱います。やはり、サビ付いていたクギは抜きにくく一苦労でした。看板を撤去したあとの下地(壁)が、どれだけ「若い」かと思いましたが、思ったより大きな違いはありませんでした。年数が経っているうえ、屋外という環境のせいなのでしょうか・・・。 
外壁塗装
これは、縦樋をカバーしている鋼管です。 
サビ止めのため、朱色に塗装してあります。こちらも、ご覧のとおり色あせています。鋼管自体は、サビもなく大丈夫そうです。このカバーもペーパーを掛け外壁を同じ色に塗装します。 
このまま塗装すると、「下地の朱色が浮き出るのでは…?」とおっしゃる方もいらっしゃると思います。でも、大丈夫です。仕上がりを楽しみにして下さい。 
外壁塗装
こちらは、ウォールボックスです。 
中には、電気配線関係のブレーカなどが入っています。ご覧のとおり、サビがひどいです。こちらも、きっちりペーパーを掛け外壁と同じ色に塗装します。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

s-S__5775377-e1600320872156

先日は築年数が経ってきたということで、多治見市の会社様の工場のカバールーフ工法を施工してきました。それも通常のカバールーフではなく、特殊な金具を使用して施工しましたので利点等合わせてご紹介します。

086eaa57a5e400394a980c5fe2d02654

先日、多治見市のお客様より出窓で雨漏りをしていて困っているとのご連絡をいただきましたので現地調査にお伺いし、お見積りを提出しておりました。そして、ご依頼をいただけましたので補修にお伺いしてきたときの様子をご紹介致します。

倉庫入り口

昨日は多治見市の会社様の倉庫をカバールーフ工法にて葺き替えをしました。スレート屋根からガルバリウム鋼板の金属屋根にカバールーフをします。以前にもカバールーフ工事をさせていただいたのですが、倉庫がとても大きいので工期や金銭面など色々考慮して分...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら東濃店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-8686-25