オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

土岐市泉島田町で塗装工事(縦樋カバー・電気ボックス)


before1
外壁塗装
horizontal
after1
外壁塗装
土岐市泉島田町で塗装工事の続きです。 
こちらの電気ボックス、経年劣化によるサビはもちろん「フタが開くのか?」という状態です。もしかすると、レバーが壊れてしまう可能性があるので怖くて開られません。でも、しっかり仕事はしますよ。こちらも、ほかと同じ工程で処理します。
このような「作り物」にペーパーを掛けることは、特に気を使います。ペパーを掛け過ぎで、「穴」を空けてしまうこともあります。「慣れ」と言われればそうなのですが、私にはその「加減」がわかりません。やはり、職人さんにお任せるのが間違いありません。ご覧のように、見違えるように生まれ変わりました。このボックス、まだまだ活躍できそうです。 
「あれ~、レバーの位置が変わっている。誰か開けましたか?」
before1
外壁塗装
horizontal
after1
外壁塗装
続きまして、こちらの縦樋のカバーです。 
本来、カバーは必要ありません。ただ、こちらの縦樋はトラックの搬入口に近くにあるため「破損」を回避するためカバーされています。縦樋本体は、交換済みです。今回は、カバーに塗装します。 
左の写真をご覧下さい。元々、サビ止めが塗装してあります。サビ止めは、経年劣化のため剥げていますがサビは見当たりませんでした。ここも、同様に工程を進めます。壁面と同じ塗装のため、以前のような存在感はありません。しかし、全体的にはここにアクセントを設ける必要はないと思います。トラックや台車にぶつけられないことを願います。 

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

s-S__5775377-e1600320872156

先日は築年数が経ってきたということで、多治見市の会社様の工場のカバールーフ工法を施工してきました。それも通常のカバールーフではなく、特殊な金具を使用して施工しましたので利点等合わせてご紹介します。

086eaa57a5e400394a980c5fe2d02654

先日、多治見市のお客様より出窓で雨漏りをしていて困っているとのご連絡をいただきましたので現地調査にお伺いし、お見積りを提出しておりました。そして、ご依頼をいただけましたので補修にお伺いしてきたときの様子をご紹介致します。

倉庫入り口

昨日は多治見市の会社様の倉庫をカバールーフ工法にて葺き替えをしました。スレート屋根からガルバリウム鋼板の金属屋根にカバールーフをします。以前にもカバールーフ工事をさせていただいたのですが、倉庫がとても大きいので工期や金銭面など色々考慮して分...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら東濃店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-8686-25