オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

可児市今渡で太陽光システム設置依頼で現地調査


太陽光現調
太陽光現調
可児市今渡で太陽光システム設置依頼で現地調査に伺いました。 
建物は新築物件で建築中です。屋根形状は、「切妻」タイプです。このタイプの屋根のメリットは、以前の回でご紹介したとおりですので省略します。今回はデメリットをご紹介します。 
①妻側の壁面に太陽光や雨水があたりやすいため、妻側の壁面が劣化しやすくなる。放置すると壁面からの雨漏りのリスクが高まるので、定期的なメンテナンスが必要です②日本ではこのタイプの屋根が多いので個性がない。と、いいましても、勾配や色、材質によっても屋根や外観などの印象はかなり変えられると思います
太陽光現調
太陽光現調
屋根材は、ここ最近増えてきました「ガルバリウム鋼板」です。 
この屋根材のデメリットは「サビ」です。サビの原因は、いろいろ考えられます。たとえば、①飛来して尖ったものが表面に当たった②アンテナなどの雨垂れと共に付着する「もらいサビ」③線路や金属加工工場で鉄粉が飛来した④塩害地域などがあります。 
屋根の葺き方は、「立平葺き」です。前回、メリットはご紹介したので今回はデメリットをご紹介します。①断熱性能に劣ります②遮音性に劣ります。このデメリットは遮熱・遮音シートを敷くなど対策をすれば回避できると思います。
屋根の勾配は5寸です。少しきつめの勾配です。太陽光パネル設置工事には問題ありません。今回も、太陽光の取付金具を屋根にビス留めではなくいわゆる「掴み金具」を使用します。屋根寸法、屋根勾配、使用材料も問題ありません。 
工事予定日は、8月17日です。お盆休暇明けで、体調を崩さないように気を付けて工事します。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

s-S__5775377-e1600320872156

先日は築年数が経ってきたということで、多治見市の会社様の工場のカバールーフ工法を施工してきました。それも通常のカバールーフではなく、特殊な金具を使用して施工しましたので利点等合わせてご紹介します。

086eaa57a5e400394a980c5fe2d02654

先日、多治見市のお客様より出窓で雨漏りをしていて困っているとのご連絡をいただきましたので現地調査にお伺いし、お見積りを提出しておりました。そして、ご依頼をいただけましたので補修にお伺いしてきたときの様子をご紹介致します。

倉庫入り口

昨日は多治見市の会社様の倉庫をカバールーフ工法にて葺き替えをしました。スレート屋根からガルバリウム鋼板の金属屋根にカバールーフをします。以前にもカバールーフ工事をさせていただいたのですが、倉庫がとても大きいので工期や金銭面など色々考慮して分...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら東濃店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-8686-25