オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

山県市高木で太陽光発電システム設置依頼で現地調査


太陽光現調
太陽光現調
山県市高木で太陽光発電システム設置依頼で現地調査に伺いました。建物は新築して日が浅い物件です。屋根形状は、「切妻」タイプです。以前にも、ご案内しましたが、この「切妻屋根」は形状がシンプルなので、ほかのタイプに比べトラブルが起きにくいことが特徴です。では、早速、屋根の調査のためにあがります。
太陽光現調
太陽光現調
太陽光現調
屋根材は、「ガルバリウム鋼板」です。 
最近は、この屋根材の調査が多いです。人気のようですね。屋根の葺き方は、「立平葺き」です。以前、「ガルバリウム鋼板」と「立平葺き」のメリットはご紹介したので省略させていただきます。
屋根の勾配は4.5寸です。ややキツメな数値です。と、いっても太陽光パネル設置工事には全然問題ありません。今回も、太陽光の取付金具を「掴み金具」を使用予定です。しかし、大変なことが発覚しました。 
右の写真をご覧下さい。こちらの「立平」部分の側面にミゾがありません。「掴み金具」は、立平側面のミゾに金具のツメ入れて掴みます。ということは、「しっかり掴めない!」 
でも、写真の左上に写っている雪止め金具も同じ掴み金具です。雪止めはOKで、太陽光パネルだとNGなのか?ここは、メーカーに問い合わせるほかありません。その旨、元請けさんに報告です。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

s-S__5775377-e1600320872156

先日は築年数が経ってきたということで、多治見市の会社様の工場のカバールーフ工法を施工してきました。それも通常のカバールーフではなく、特殊な金具を使用して施工しましたので利点等合わせてご紹介します。

086eaa57a5e400394a980c5fe2d02654

先日、多治見市のお客様より出窓で雨漏りをしていて困っているとのご連絡をいただきましたので現地調査にお伺いし、お見積りを提出しておりました。そして、ご依頼をいただけましたので補修にお伺いしてきたときの様子をご紹介致します。

倉庫入り口

昨日は多治見市の会社様の倉庫をカバールーフ工法にて葺き替えをしました。スレート屋根からガルバリウム鋼板の金属屋根にカバールーフをします。以前にもカバールーフ工事をさせていただいたのですが、倉庫がとても大きいので工期や金銭面など色々考慮して分...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら東濃店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-8686-25