オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

土岐市土岐口南町で太陽光発電システム設置依頼の現地調査


太陽光現調
土岐市土岐口南町で太陽光発電システム設置依頼の現地調査に伺いました。 
今回は、住宅ではなく店舗です。屋根は、「片流れ」タイプです。このタイプは、店舗やガレージ、倉庫で多く見られる形です。今回の建物は横から見ると、一見、「切妻」ともみられる外観ですが「片流れ」です。 
このタイプの特徴については、ほかの屋根に比べて構造がシンプルなので安価に工事が可能です。そのほかについては、以前、ご紹介したので省略します。では、早速、屋根に上りましょう。 
太陽光現調
太陽光現調
屋根に上りました。 
屋根材は「ガルバリウム鋼板」で、葺き方は重ね式折半といわれ通称「88折半」と呼ばれています。屋根の中央にアンテナが陣取っています。工事前にアンテナを撤去いただくようお願いしました。太陽光を設置しない小屋根があるので、そちらに移設でしょうか。
屋根の勾配は、1°程度でぼぼありません。このタイプの屋根は非常に多いです。緩い勾配は、片流れ屋根のためであまり急勾配にすると、雨が降ると一度に雨が樋に流れ込むオーバーフローを防ぐためです。
太陽光現調
太陽光現調
屋根面は、もうそろそろ塗装をする状態です。特に目立ったサビはありませんが、ところどころで見られます。また、全体的にザラついて光沢もありません。太陽光を設置すると屋根塗装することが手間なので、太陽光を設置する前に塗装をオススメしました。 
太陽光のプラントしては、屋根に対してギリギリの寸法です。職人と相談のうえ、回答することになりました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

s-S__5775377-e1600320872156

先日は築年数が経ってきたということで、多治見市の会社様の工場のカバールーフ工法を施工してきました。それも通常のカバールーフではなく、特殊な金具を使用して施工しましたので利点等合わせてご紹介します。

086eaa57a5e400394a980c5fe2d02654

先日、多治見市のお客様より出窓で雨漏りをしていて困っているとのご連絡をいただきましたので現地調査にお伺いし、お見積りを提出しておりました。そして、ご依頼をいただけましたので補修にお伺いしてきたときの様子をご紹介致します。

倉庫入り口

昨日は多治見市の会社様の倉庫をカバールーフ工法にて葺き替えをしました。スレート屋根からガルバリウム鋼板の金属屋根にカバールーフをします。以前にもカバールーフ工事をさせていただいたのですが、倉庫がとても大きいので工期や金銭面など色々考慮して分...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら東濃店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-8686-25