オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

多治見市|お客様からのご紹介で和瓦の屋根からの雨漏りの現場調査を致しました


DSCF1127-columns2
押し入れの枕棚の上のベニヤを持ち上げそこから小屋裏に入ります。
早速、ネズミさんがいた形跡がありました。
現在は駆除されていないそうです。
DSCF1117-columns2
建物の真ん中あたりにシミがありました。
下の断熱材にも水が漏れた形跡があります。
屋根の下地材の継ぎ目あたりから水が入っています。
おそらく、防水シートの下に水が入り込んでいるようです。
屋根の上に上がって原因を見つけます。
DSCF1132-columns2
漆喰がはがれて土も流れ出ています。
おそらく昨年の台風の影響もあると思います。
こちらのお宅は住宅団地で北側の高台にあり、かなり風の影響は受けると思います。
DSCF1140-columns2
棟の段違いがあり、板金で雨を抑えていますが、さび等劣化がひどく見られます。
壁との取り合いに水切りをしてあるはずですが、立ち上げが低かったり、返しが甘かったりすると壁の中に水が入ることになります。
当然その中には防水シートがありますが、台風の雨風などが吹いたときに、壁の中に侵入していたのかもしれません。
DSCF1145-columns1
12年ほど前に太陽光パネルを載せられたそうです。当時のケーブルの被覆材はPF管といわれるシングル被覆の配管が主流でした。
現在は2重被覆のPFD管といわれる配管を多く使います。
最近ではこのような劣化も多くご相談をいただきます。
ほかっておくとパネルのケーブルが傷み露出してしまいます。そのまま放置しますとショートし、発火、火災の原因になります。
弊社にお任せいただければ、屋根工事、板金工事、電気工事、管工事の資格がありますのでご安心頂けると思います。
ぜひお声がけください!

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

s-S__5775377-e1600320872156

先日は築年数が経ってきたということで、多治見市の会社様の工場のカバールーフ工法を施工してきました。それも通常のカバールーフではなく、特殊な金具を使用して施工しましたので利点等合わせてご紹介します。

086eaa57a5e400394a980c5fe2d02654

先日、多治見市のお客様より出窓で雨漏りをしていて困っているとのご連絡をいただきましたので現地調査にお伺いし、お見積りを提出しておりました。そして、ご依頼をいただけましたので補修にお伺いしてきたときの様子をご紹介致します。

倉庫入り口

昨日は多治見市の会社様の倉庫をカバールーフ工法にて葺き替えをしました。スレート屋根からガルバリウム鋼板の金属屋根にカバールーフをします。以前にもカバールーフ工事をさせていただいたのですが、倉庫がとても大きいので工期や金銭面など色々考慮して分...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら東濃店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-8686-25