オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

年数がたった屋根は、メンテナンス(塗装)をしないとどうなる?


劣化した屋根
年数がたった屋根は、塗装時期を間違わずにきちんと

メンテナンスを行う場合は塗装で問題ないのですが、

メンテナンスを行わずにしていた場合、防水シートや

野地板の腐食も進行している場合があります・・
屋根に大穴
屋根が一次防水・防水シートが2次防水となり、

そこを抜けて野地板まで雨水が来てしまっていた場合、

野地板が腐食し家を劣化させてしまい長く暮らせる家

ではなくなってしまいます・・・
屋根葺き替え
塗装ではもうメンテナンスができないため、

葺き替え(ふきかえ)と呼ばれる屋根全体の

リフォームを行わなければいけません。

塗装では直せない場合は葺き替え工事

ガルバリウム鋼板荷揚
工程としては、野地板の張替え・防水シートの敷き直し・屋根材を全て変更という形になります。古い屋根材を一旦落として新しい屋根材を上にあげる作業をして、レッカー車なども使う必要があるので大掛かりな屋根工事となります。

その分費用も割高で、塗装であれば約30坪の建物の場合、40~80万円で済んだものが60~200万前後かかることも。

時期になったらきちんと屋根塗装を行うことで、大掛かりな屋根工事が必要なくなります。結果コストも抑えられて将来的にかかる家(財産)のメンテナンスが安くなるんです。

屋根のご相談は、「街の屋根やさん 東濃店」にお気軽にご連絡ください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら東濃店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-8686-25