オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

節電効果も期待できる「緑のカーテン」って何?


緑のカーテン
夏の強烈な日ざしのとき木陰に入ると涼しく感じられますよね・・

普通の日陰より木陰のほうが涼しく感じるのは、植物の葉から水分が蒸散されることで
周囲の温度が下がっているからなのです。

それと同じように、家の窓際でつる性の植物をカーテンのように育てて、
日光を遮ったり和らげることで室温の上昇を抑えたり、植物の間を通り抜ける風が冷やされることで
家の中を快適にすることができます。

それが緑のカーテンです。

ゴーヤーやアサガオ類などのつる性植物をネットに絡ませて、
カーテンやシェード風に仕立てたもののこと。グリーンカーテンと呼ばれることもあります。

◆緑のカーテンの効果

ゴーヤの写真
適期にタネをまいたり苗を植えつけたりすれば、
ぐんぐんつるが伸びて葉が茂り、
真夏にはテラスやベランダを覆う葉っぱのシェードに。

夏の強い直射日光をカットします。
外部からの視線も葉がやわらかに遮ってくれるので、
普通のカーテン同様、目隠しの役割も果たします。

涼しく過ごす
植物は、根から吸い上げた水を葉から蒸散させて、
自分の温度が上がらないようにしています。

そのため、蒸散作用がないすだれなどに比べて
放射熱がぐっと少なく、周囲の気温はわずかに
下がります。

また、蒸散によって気温が下がった葉の間を通り抜けてくる風も、私たちに涼感をもたらしてくれます。

清涼感
日ざしを遮り、気温を下げ、さらに
カーテンの間を通って心地よい風が吹き込むと、
実際の気温より涼しく感じます。

電源もエネルギーも使用しない、まさに
これからの時代にふさわしい自然のエアコンです。

そのため、エアコンをあまり使わずに済むことも多く、節電(つまり、電気代の節約)
できるのもうれしいところです。

見た目が涼しげなだけではなく、植物が間近にあることで、
自宅にいながら森の中のような気分を味わえます。

さらに、実際に周囲の気温や室温を下げる効果があり、これから来る、暑い夏  
を乗り切るためには、欠かせないアイテムだと思います 

皆さんも「緑のカーテン」を作って、涼しい夏を過ごしませんか 
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら東濃店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-8686-25