オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

そろそろ屋根の傷みが気になる頃・・・・どちらのリフォームを?


新築
築10年を超える一戸建ての住宅に住んでいる
方やそろそろ屋根の手入れを考えている
という方もたくさんいると思います。

その場合、屋根の塗装?それとも葺き替え
(カバー工法)?どちらのリフォームを
考えれば・・?と悩まれている方は
参考にしてもらえれば・・
現場状況
屋根のリフォームをする前に、
まず初めに行うのが屋根の劣化状態を
確認して知る事です。

劣化状態により、
実はまだリフォームの必要が無い場合も
ありますし、リフォームが必要となれば、
その工事内容も変わってきます。
塗装後の屋根
屋根塗装が必要な劣化症状としては、

チョーキングや色が褪せている現象もしくは、

若干の錆が出ている程度であれば、

塗装工事で補修する事が可能です。







※但し、塗装は永久的なものではなく、数年~10数年の間隔で定期的な塗り替えが必要になります。
屋根に大穴
屋根の葺き替えが必要な劣化症状としては、

軒天や天井に雨漏りが起きている場合や、

下地が劣化している場合などは、

屋根のふき替えが必要になります。

カバー工法
割れていたり、欠けていたり、ズレている又は

苔やカビが発生しているなどの症状であれば、

重ね葺き工事(カバー工法)という、

既存の屋根材の上に新しい屋根材を

カバーして行なう修理方法もあります。
屋根材の撤去と処分が不要になる為、施工期間が短く、費用も安くなるので経済的です。

重ね葺き工事(カバー工法)は、スレート屋根のリフォームによく用いられる工法で、
外見は屋根の葺き替えとほとんど違いはありません。

屋根工事を行うのに大切な事は、お家の劣化状態に合ったリフォーム工事を行う事です。
その為にも、どのリフォーム工事が適しているのかをきちんと判断することが重要です。

どの工事を行ったとしても大きな費用がかかりますので、
決して簡単に決める様な事はしないでくださいね!






信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら東濃店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-8686-25