オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

ベニヤ板とコンパネの違いとは


ベニヤとコンパネと合板
自宅などでDIYなどしている方はご存知でしょうが、日曜大工をされない方からすると
ホームセンターで売っているベニヤ板の種類までは気にしてみている方は少ないでしょう。

ここではベニヤ板・コンパネ・合板について簡単にご紹介させていただきます。
ホームセンターに行くと基本的に3種類、「ベニヤ板」「コンパネ」「合板」があるかと思います。

見ても区別するほどのものかどうかと思いますが違いを見ていくと、

ベニヤ板とは1枚の板になります。
木をカツラ剥きで切り出した1枚になります。
ベニヤ合板とはその名のとおり、ベニヤ板を何枚も重ねたものになります。
普段みなさんがベニヤ板と呼ばれるものは大体ベニヤ合板だと思います。

目的が定まっていない合板がこのベニヤ合板になります。
厚さなど種類が豊富でDIYで好きなように切ったり貼ったりする用途がいいですね。

この構造用合板というものはその名前の通り構造用下地に使われる合板になります。
屋根の下地に最適ですね。

こちらにはJAS規格(日本農林規格)といわれる認定証がついています。
板に印が押されていろいろ書いてあるものがそれにあたります。
印には強度や環境、品質などが示されています。

ベニヤ合板に比べ、規格にそって製作された合板なので値段もかなり高いです。
コンパネも一種の合板です。
コンパネはほぼサイズは決まっており、一般的に厚さ12mm、畳1畳ぐらいのサイズになります。

コンパネはコンクリートパネルの略称であり、その名前のとおりコンクリートの型枠として使用されます。
特長として耐水性に優れていますが、型枠として使用されるため見た目はガサガサであったりします。
酷いと歪んでいたりします。
あくまで型枠での使用が主であり比較的安価で購入することができます。
ただ耐水性を上げるためにウレタン塗装などされているものもあり、高価なものもあります。
合板を作るにあたって接着剤がありますが、こちらにも種類があります。

特類・フェノール樹脂接着剤
湿気に強く住宅の耐力壁などの構造用耐力部材などに使用されます。

1類・メラミン樹脂接着剤
湿気に強く屋外の使用が可能で
住宅外装や雨や湿気の多い基礎型枠などに使用されます。

2類・ユリア樹脂接着剤
多少の湿気がある場所なら使用が可能。
住宅内装などで使用される合板になります。

3類・増量ユリア樹脂接着剤、カゼイングルー
湿気に弱いので今はほとんど使用されていません。
湿気に弱いということは貼り合わせた合板が剥がれる可能性があります。

DIYでなにか作ろう!という時には2類に分類される合板を使用するのがオススメです。
どうでしょうか?これでこの記事をよんだあなたは合板マスターです!
ベニヤ買ってきて!なんて言われたときには種類を説明しながら用途についても話し合えますね!

皆さんも目的をもって道具は使いましょう!
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら東濃店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-8686-25