オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

無関心ではいられない、雨どいの劣化とその原因


あまどい
雨どいとは屋根に流れる雨水などを集めて地面へ運ぶための設備のことを言います。
様々な形状があり、溝になっているもの・半円のもの・鎖のようになっているものなどあります。

この雨どいは住宅において非常に重要な役割を持っていますが、その役割とは住宅の耐久性を高めることにあります。
雨水が跳ね返り、壁や地面への水たまりなどによって基礎が傷んでいきます。
雨漏りしかり、補修する原因となるのが水の侵入によって引き起こされるのです。
雨どいが壊れる原因として大きなものは環境による経年劣化です。
雨が降れば受け止め、毎日炎天下のなか風にもさらされる。
雪が降れば重さがそのまま樋に行くことになります。

そういった積み重ねによって金属部分のさびやプラスチックの変形破損が起きるのです。
また継手部分の接着剤が劣化によりはがれていくこともあります。

こちらは長く使えば使うほど発生してしまう原因になります。
部分交換ではなく全体交換になることがほとんどです。
劣化ではなく、周辺環境などによっても不具合が生じます。
樹木があるところでは枯れ葉や、土泥が堆積していきます

これらは雨で一緒に流れることがほとんどですが、上で書いたような劣化により
勾配がついていなかったりするため流れていかないこともあります。
そういった土や泥が蓄積し、ヘドロがたまったようになります。

こういった場合、樋の掃除だけできれいになります。
ちょっと気にしてみてみるだけでもいいのです。
少しでも調子が悪いかな?と感じましたらご相談ください。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら東濃店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-8686-25