オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

「屋上緑化」って何?


屋上緑化
屋上緑化
屋上緑化とは、建物の屋上で空いているスペースに植物を植えて屋上を「緑」にすることです。

特に都心ではヒートアイランド現象が起こり、気温が体温以上になることも多くなりました。
これは、地表のアスファルトや建物のコンクリートに覆われているため熱がこもりなります。

夜になっても地面や建物に熱がこもってしまい気温が下がらず熱帯夜になりやすいです。
そのため、エアコンをつけて寝るので、
エアコンの室外機からも熱が排出され、熱帯夜が続くという悪循環になっています。

屋上緑化を行うと、水面や植栽、土壌から水分が蒸発されるため、気温の上昇を抑える効果があります。
屋上緑化を行う主なメリットは、以下のとおりです。


屋上緑化
屋上緑化
一つ目は、「ヒートアイランド現象の緩和」です。
都心で問題となっている現象です。
その緩和に、蒸散作用等により気温の上昇を抑える効果がある植物(緑)が有効とされています。

また、屋上緑化は遮熱効果があるので、建物の熱負荷を低減させるので冷房量を減らし節電効果があります。

二つ目は、「建物の保護」です。
太陽の紫外線や酸性雨、温度変化による「防水層」の劣化を防止します。

三つ目は、「癒し効果」です。
「緑」という色には、精神の安定のほか、ストレス解消や疲労回復に効果があると言われています。

四つ目は、「ゲリラ豪雨」対策です。
都市で頻繁に起こるようになった「ゲリラ豪雨」などの水害防止や、雨水流出の緩和などに役立ちます。

五つ目は、「Co2削減効果」です。
植物が光合成を行うことで二酸化炭素の削減効果が期待できます。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら東濃店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-8686-25