オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根補修の時期っていつ頃なの?まだ大丈夫じゃない?


現場調査
自分のお家の屋根を普段から見ている方はほとんどいないだろう。
屋根の補修にしても、雨漏りや台風などで剥がれたりと実害が出なければ基本的には気にしません。

この記事においても知識として、少しでも気にしていただけたらという思いでのご紹介になります。



屋根というものは基本築10年を超えたあたりからガタがくることがほとんどです。
瓦屋根など重い屋根であれば見た目綺麗でもその下地が劣化している可能性もあります。
点検時期としても10年頃を目安にするといいかと思います。(最近の屋根はよほど大丈夫ですが)

目に見える状態として、
屋根材の塗装がはがれている
瓦が破損や欠けがある
屋根材がずれている
金属屋根がさびてきている
スレート屋根の表面がボロボロになっている
屋根に雑草や苔が生えてきている

といった症状が出ていましたら一度診断していただくことをお勧めします。
というよりこのような屋根でしたら近いうちに何かしらの被害が出ることだと思います。

すこしでも気にして屋根を見ていただいてこういった屋根の状態になってないだろうか
そういったことをちょっとでも気にしていただけると大惨事になる前に防ぐことができると思います。
心配事などありましたら是非ご連絡を。無料点検も承っております!
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら東濃店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-8686-25