オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

打ち水効果って?マイナス2度の体感を是非とも試してみて!


打ち水
暑い夏を少しでも快適に過ごすための生活の知恵!

打ち水
暑い日が続くと扇風機やクーラーなどの電化製品が大活躍です。でも、電化製品=電気代となるわけで、、、そこで今巷で話題になりつつある打ち水について少しばかり紹介していきます

環境に配慮するエコの観点からも見直されてる打ち水最近では各地でイベントなども行われてるほどです
打ち水による効果は概ね2度程度の気温が下がるようです

見ているだけも涼しい気分にさせてくれる打ち水ですが、、、実際にどれ程の効果があるのかまた、打ち水をする場所は時間帯はなど、間違うと逆効果になるかも、、、今回はそんな打ち水の効果的なやり方について紹介していきましょう。

朝日の様子
夕日の様子
打ち水に効果的な時間帯は、、、ズバリ
早朝か夕方
時間にして、午前5時頃~午前8時頃と、午後6時頃~7時頃な感じでしょうか
日中に少しでも快適に過ごすため、夜の寝苦しさを少しでも緩和するため、この時間帯での打ち水をおすすめします
打ち水による効果を少しでも高めるには、日陰に水を撒きましょう
なぜなら打ち水は水が蒸発する際に熱を奪う気化熱を利用したものですが、真夏などで日の当たる場所への打ち水は、すぐに水が蒸発してしまい、十分な効果が得られません!日陰に水を撒いておくことで、ゆっくりと蒸発する効果と、日向との温度差によりそよ風を起こす効果が期待できるからです
また、花壇植木樹木などに撒く事も効果があると思います
その他、日よけに使用してるすだれ日陰になる壁面などに撒く事なども良いと思います
ベランダバルコニーといった場所は家に直結してる事が多く、熱気が家に入って来やすい場所の1つです。暑くならないようにすだれをしたり、朝や夕方に打ち水をすることでかなり体感温度が変わってくると思います
日中に熱を蓄えたコンクリート部分は、夕方に打ち水をし温度を下げておけば日没後にそれ以上温度は上がらないので、寝苦しい夜を少しでも快適に過ごすのに、ベランダバルコニーへの打ち水もおすすめです
真夏など太陽ギラギラでちんちんになったコンクリートやアスファルト水を撒きたくなっちゃいますよね、でも、そこに打ち水をしても水はあっという間に蒸発をしてしまってあまり効果が期待できませんそれどころか、打ち水をした事により発生した水蒸気でその場の湿度を上げてしまい、逆に不快に感じることも炎天下での打ち水作業は暑くてキツイ作業になってしまいます。日中はすだれなどで、太陽光を和らげる対策を考える事をお勧めします
環境に優しくって事で、どうせ打ち水をするならお風呂の残り水や、子供のビニールプールで遊んだ後の水などを利用するなど、節水意識を持って打ち水を楽しみたいものです

注意点として今の生活環境の中での打ち水は近所との付き合いや、交通量の多さなど、配慮すべき点が多くあったりします。打ち水自体は悪い行為ではありませんが、周りの環境などを配慮して、気持ちよく打ち水を楽しみたいですね
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら東濃店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-8686-25