オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

「FRP防水」って何?


クルーザーFRP
9d6f5612df3ad6b68176d5714deeb5b5-1
「FRP」とは、繊維強化プラスチック(Fiber Reinforced Plastics)の略称で、ガラス繊維などで補強されたプラスチック(樹脂)のことをいいます。「FRP」は、水槽、バスタブ、船舶、自動車や屋根材などに広く使用されています。軽量で、強度がある素材で防水工事以外にもいろいろな製品で利用されています。
建築では、ベランダや浴室などの狭い部分にこのFRP防水が使われることが多いです。FRPだけのままでも仕上げ防水層の上を歩くことが可能である。 
before1
FRP防水
horizontal
after1
FRP防水
「FRP防水」は、「FRP」の特徴を活かして防水用に応用した防水のことをいいます。 
メリット 
軽量でかつ耐熱性・耐食性・耐候性などの点があります。また、防水層はシームレス(継ぎ目がない)なため優れた防水性能を発揮します。そして、塗膜が硬化する速度が速いため、何層も塗り重ねても1日で工事を完了させることが可能です。 
デメリット 
繊維が入って丈夫ではあるが下地をしっかり工事する必要があります。これを怠ると、下地の継ぎ目に亀裂が入りやすくなります。また、プラスチック素材なので紫外線に弱く長期間浴びると、劣化してヒビ割れてしまうことがあります。そのための、対応策として定期的に塗り直す必要があります。 

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら東濃店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-8686-25