オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

「遮熱塗料」って何?


断熱塗装
断熱塗装
太陽の光はすさまじい熱量を持っています。真夏となれば、その力は強大なものになります。 
たとえば、アスファルトで目玉焼きやステーキを焼くことができたというウワサ話もチラホラ・・・。もちろん、屋根や外壁の表面温度も例外ではなく非常に高くなります。場合によっては、「60~80℃」もの温度に達することも珍しくないようです。屋根や外壁がそれだけ熱いということは、室内温度も高くなることが予想されます。最上階の南に面した部屋などは外壁や屋根からの熱で40°を超えることも珍しくありません。 
そんなときにエアコンが壊れてしまうと、生命にかかわる可能性があります。そこで、おすすめなのが「断熱塗料」です。断熱塗料は大きく分けて「遮熱塗料」と「断熱塗料」があります。 
では、今回は、「遮熱塗料」についてお話しします。
遮熱塗料
遮熱塗料
「遮熱塗料」とは、赤外線を反射する顔料を混ぜた塗料のことです。赤外線は、高熱になる原因です。「遮熱塗料」を塗ることで、赤外線を反射し温度上昇を抑制することができます。ですので、暑い夏の地域に向いている塗料といえるでしょう。
メリット
遮熱性・・・太陽光を反射して熱さを塗膜に伝導させない効果があります。メーカーの実験結果によると、その差は2~3°程度のようです。その差は少ない温度ですが、体感温度ではこの温度差が大きく感じることができます。
長寿命・・・遮熱塗料を塗装することで表面温度を低くすることができるので、熱さによる屋根や外壁への影響を軽減させ、その結果、寿命を長くすることができます。
ヒートアイランド現象抑制・・・「遮熱塗料」の効果で建物に蓄える熱を少なくさせることで、ヒートアイランド現象の抑制に寄与することができます。メーカーの実験結果、0.7°の気温を低くする結果が出ました。大した温度差ではありませんが、住宅のほか、ビルやマンション、道路などに塗装すれば大きな効果が期待できると思います。
デメリット
遮熱効果・・・塗装面がきれいに保つことで高い効果を発揮します。ですので、塗装面が汚れていると太陽光を反射しにくくなり効果が低くなります。遮熱塗料を選ぶ場合は、汚れ対策として親水性が高い塗料がおすすめです。
熟練の技術・・・「遮熱塗料」は取り扱いにくい塗料のため、仕上がりに「ムラ」ができることもあります。遮熱塗料」を依頼する際は、取り扱いに慣れた業者に依頼することをおすすめします。
色の効果・・・遮熱効果は太陽光の反射なので、塗料の色によって、その効果に違いがあります。
代やクリームなどの淡色系は効果が高く、茶や黒などの濃色系は反射率が低くなります。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら東濃店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-8686-25