オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

「フルハーネス型」安全帯着用義務化!


安全帯
安全帯
労働安全衛生法が改正されました。厚生労働省は、高所作業での墜落事故を防止ため高所作業に着用する安全帯について、1本のベルトを胴回りに巻き付ける「胴ベルト型」の使用を2022年1月から原則禁止する。今後の日程は以下のとおりです。
2019年2月1日 施行、2019年8月1日 現行規格品製造禁止、2022年1月1日 現行規格品販売および着用禁止。 
安全帯
安全帯
改正内容(抜粋)は以下のとおりです。 
原則、6m75cmを超える高所作業の場合は肩や腰、ももなど身体の複数箇所をベルトで支持する「フルハーネス型」安全帯の使用を義務付ける。さらに、建設業に対しては、ガイドラインにて基準を厳しく設定し、5mを超える高さでフルハーネス型の使用を義務付ける。 
例外として、1本のベルトを胴回りに巻き付ける「胴ベルト型」安全帯については、一定の条件を満たした安全帯のみ使用を認める。フルハーネス型は落下距離が比較的長めに設定しているため、3~4m程度の高さから転落すると安全帯が機能する前に地面に衝突する恐れがある。そのため、建設現場の5m以下の作業では、安全性を強化した胴ベルト型安全帯の使用を認める。 
また、作業者の転落防止のため、2m以上の作業する場合は作業床や柵などを設置するよう規定している。そのうえで、作業床などの設置が難しい場合の代替措置として安全帯の使用を認めている。 
以上、身の安全のためこのことを最低限の対策として、さらに自らそれぞれに合った対策が必要だと思います。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら東濃店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-8686-25