オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

「光触媒塗料」って何?


光触媒
光触媒
「触媒」とは、化学反応を促進させる役割をする物質のことをいいます。ですので、「光触媒」とは、光を利用して化学反応を促進させる役割のことをいいます。「光触媒塗料」では、酸化チタンが化学変化を促進させます。酸化チタンや化学反応などと聞くと、人体への影響などを気にされると思いますが、酸化チタンは食品や化粧品に使用されている安全な物質です。ですので、人体への悪影響はないと言われています。
では、「光触媒塗料」のメリットとデメリットをご紹介しましょう。
光触媒
光触媒
光触媒
引用元:TOTOホームページより
メリット
防汚性・・・光触媒塗料の最大の特徴は「セルフクリーニング機能(効果)」があることです。簡単に説明しますと以下のとおりです。
光触媒塗料を塗った外壁では、二酸化チタンが塗膜表面を覆います。この二酸化チタンは紫外線を浴びると活性酸素という物質を発生させます。その活性酸素は、空気中の大気汚染物質を分解する力を持っています。ですので、光触媒塗料が塗装された外壁は汚れが分解されるため塗装面に溜まりにくくなります。また、光触媒塗料には親水性があります。そのため、活性酸素で分解された汚れは雨で洗い流されるようになります。
以上がセルフクリーニング機能のメカニズムです。
耐久性・・・光触媒は塗膜を劣化させる原因となる紫外線を利用するため、長期間にわたり建物を保護することができます。ある実験によると、光触媒塗料は高い耐久性をもつフッ素塗料と同等の耐久力があると結果が出ています。この結果は、気候や建物の立地条件などにより変化するので、参考程度と考えて下さい。
デメリット
対汚絶対性・・・セルフクリーニング機能は、万能ではありません。たとえば、サビや黄砂、白華現象など無機質系の汚れは酸化チタンで分解できません。また、樹液や鳥のフンなど過度の汚れが付着すると、分解する力が追い付かず外壁が汚れが落ちないことがあります。また、セルフクリーニング機能は、太陽光や雨の当たらない場所ではその機能を十分に発揮することができません。
ヒビ割れ・・・塗装後は、塗膜が比較的硬くなります。そのため、通常ではなかったヒビ割れをする可能性があります。
施工性・・・光触媒塗料の効果を発揮させるためには、正しい知識を持ち正しく施工する必要があります。光触媒塗料を使用するためには高い施工技術と専門性が必要です。施工依頼先は十分に注意して決定して下さい。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら東濃店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-8686-25