オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

アパート・マンション最上階の暑さ対策!


マンション_R
すでに暑い日が続いていますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?
街の屋根やさん東濃店です。
マンション、アパートにお住まいの方の中には、この暑い夏をどのように過ごしたらいいか
毎年のことながら頭を悩ませてみえる方も多いのではないでしょうか。
そういう私もアパートの最上階に住んでおり、毎年暑さにやられながら夏を越しております。
マンションやアパートは、その建物の構造や建築年数、また部屋の位置などにもよっても住まいの環境がかなり変わってきます。
最新の建築で、断熱性が高く快適な環境となっているマンションならいいですが、築年数が経っていてもともとあまり断熱性能がしっかり施工されておらず部屋の位置や階数が不利な場合、
暑い夏を快適とまでもいかなくても普通に過ごすにはかなりの工夫が必要となるでしょう。
そんなマンションやアパートの夏を、少しでも暑さを凌いで涼しく過ごせる方法を探っていきたいと思います。
やはり一番の理由は単純に「屋根が太陽の直射日光を受けるから」だという事でしょう!
屋根が太陽の熱で熱くなり、その熱が最上階の部屋に降りてくるのです。
私の家でもそうですが、とにかく熱気が天井周辺を漂っています
特にマンションの屋根に使用されるコンクリートは蓄熱しやすく、その傾向は高まるそうです。
私の家は、エアコンに極力頼らない生活を心掛けているのですが、その対策としては窓はすべてフルオープンで風通しを良くしヨシヅ・スダレを掛け、保冷剤を駆使して首や頭に巻き付けたり寝苦し夜は枕にしたり工場用の扇風機も導入して全開で回していますが暑いものは暑い
防水遮熱塗料 _R
遮熱塗装。
屋上緑化_R
屋上緑化。
太陽光屋上 _R
太陽光パネル。
屋根の遮熱対策方法は主に3つ(遮熱塗装・遮熱機能つき屋根材・遮熱シート)ありますが、その中でも最も手軽でコスト的にも家庭に優しい方法は
遮熱塗装(遮熱機能をもった塗料で屋根を塗装する方法)です。

遮熱塗装を行うと屋根の表面温度が約20℃下がります。ただし、これはあくまで屋根の表面温度の話です。
室内(体感)温度は人によって体感は異なりますが、遮熱塗装をされたお施主様の声として、
「夏場のクーラー設定温度を前は19℃まで下げていたが27℃でもよくなった」や「2階のモワッとした空気がなくなった」などが挙げられます。
屋上緑化、太陽光パネルの設置などで直射日光を遮るなんて方法もありますが、屋上部をリフォームするとなるとこれはオーナーさん次第でしょうか

現実的には、各お部屋を許される範囲でリフォームすることでしょうか。

天井に断熱材を入れることで屋根から来る熱を遮断します。

外壁に断熱施工することで太陽光で熱せられる壁を断熱します。

断熱性・遮熱性の高いペアガラス(2枚の板ガラスの間に乾燥した空気を入れたガラス)に変更。

共用部分等ありますので、取り付けの際には十分に相談をしましょう。

また、簡単にできる対策として

最上階は風通しは良いので、窓を開けて熱気を解放する。
窓際にグリーンを置く。
窓にすだれをつける。
遮熱カーテンにする。  など今すぐにでも出来ることから始めてみましょう!
イラスト エアコン_R
一番手軽にできるのはやっぱり「エアコン」でしょうか(笑)
結局これかい!って突っ込みを入れられそうですが

私共、街の屋根やさん東濃店ではエアコンの取付工事も行っ

ておりますのでお気軽にご相談ください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら東濃店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-8686-25