オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

板金屋根 、施工後の不具合はありませんか?


板金屋根
板金屋根 不具合1
板金屋根 不具合2
こんにちは、 街の屋根やさん 東濃店 です。  
今回は板金屋根の不具合をご紹介致します。
画像を見て頂くと屋根材が少し盛り上がっているのが良く分かると思います。   
これは、屋根材を葺くときに下地の上にゴミや釘などが残っていてその上に屋根材を置いてしまったことでみられるものです。  この画像は釘のように見えますが、本来なら屋根材を葺く前には入念に下地のゴミなどを取り除き、掃除しなければならないのですが、しきれていないためこのような形になってしまっています。
このまま放置しておくといずれこの部分から劣化が進み、ゆくゆくは雨漏りの原因になりかねません。  
屋根の不具合は、雨漏りや下から見上げたときに見つける明らかな破損などがない限り屋根に上がって見ることはなかなかありませんので、このような雨漏りになるような原因を見つけることはできないと思います。  
もし葺き替えをされることがあれば、足場があるはずですからお客様の目で工事の工程等を確かめてみることをお勧め致します。  

またこのような、不具合を見つけられたら 街の屋根やさん 東濃店 までお気軽にご相談ください。  

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら東濃店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-8686-25