オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

木造住宅とコンクリート住宅、どっちがいいの?


木造建築
昔から馴染み深い住宅といえば木造住宅でしょう。
木造住宅のメリットは間取りや空間設計の幅が広く、好きなように作る事ができる点です。
またリフォームやリノベーションをする場合でも様々な提案をすることができ、それを実現することが可能であるといえます。
外観も多種多様なバリエーションを楽しむことができます。

通気性にすぐれ、過ごしやすい空間をつくることができます。
また木造であることによって健康被害のリスクがすくなく、余分なクロスやじゅうたんを貼る必要がないのです。

そのため比較的施工費用が安く抑えられるといえます。

しかし木造住宅は業者によって施工のばらつきがあること、技術力によって再現不可能なものもあるというデメリットがあります。
また最近は考えられていますが耐震性が工法によってばらつきがある点、木材なため経年劣化してしまうことがあります。
屋根の断熱
室内の断熱
コンクリ
では鉄筋コンクリート住宅を見ていきましょう。
まずはメリットとして、丈夫で耐久性に優れています。最低限のメンテナンスで済んでしまいます。
そして遮音性、耐火性が高く、耐震性にたけています。
環境災害に強かったりするのがコンクリート住宅の強みといえるでしょう。

しかしデメリットとして施工費用が高く、重いため地盤改良からしなければならない可能性もあります。

シート防水
シート防水
どちらの家がいいか、というより何を目的として家を建てたり決めるということが大切になってきます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら東濃店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-8686-25