オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

沖縄の赤瓦について


おきなわ 赤い屋根
沖縄の青い空と海に漆喰の白と瓦の赤が映える琉球赤瓦。
沖縄の屋根といえばこの赤瓦をイメージしますが、実は沖縄本島で見る機会はそれほど多くなく、その理由としては先の大戦による住宅の損壊がありました。
沖縄の住宅のイメージである『シーサーに赤瓦』が連なる風景は、実は戦争被害の少なかった離島のイメージかもしれません。
沖縄 赤瓦_R

台風被害の多い沖縄だけあって瓦の葺き方も独特です。
丸瓦と平瓦の2種類の瓦を葺き、さらに瓦が飛ばされないよう丸瓦の側面と継ぎ目に漆喰を塗りることで台風の被害を最小限に抑えることができるようになりました。
また琉球赤瓦は吸水性が高く、言い換えると通気性が高いともいえ、屋根の木構造を湿気から守り、かつ沖縄の強烈な日差しによる建物の温度上昇を和らげる効果があります。
この赤瓦の色は、沖縄でしか取ることができない土で鉄分が多く含まれていて、約1,000℃で焼き上げると酸化現象でこのように赤く変化するそうです。
首里城_R

沖縄で赤瓦が使われはじめたのは、王朝時代の18世紀前半。長い間、首里や那覇の士族しか使うことを認められず、茅葺きの家に住む庶民にとって赤瓦は憧れの的だったそうです。一般の庶民も使えるようになったのは、明治22年(1889年)以降のこと。
それ以降、赤瓦は沖縄各地に広まり、多くの家の屋根を彩ってきました。
沖縄の民家の屋根でよく見かけるシーサーが広まったのもこの時期です。
オリオンビール_R

沖縄といえば、青い海と瓦の赤と漆喰の白が映える屋根。
あと忘れてはならない オリオンビール

見た目の美しさに加えて機能的にも優れた、沖縄の厳しい風土が生んだ瓦に乾杯!(笑)
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら東濃店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-8686-25