オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大波スレートの劣化とメンテナンス


屋根全体
大波スレートとは屋根材の一種で、主に工場や倉庫などで使用される頻度の高い建材です。
工場や倉庫などでは屋根だけではなく、外壁にも使用されています。 
多治見市内にもたくさんの工場がありますが、屋根材がかなり劣化しているところが多く見られます。
ボルト周りなどの部分補修、破損個所の一部スレート材の差し替え、既存の屋根に新しい屋根材を被せる『カバー工法』等修繕の方法も様々なので、まずは屋根の状態を確認し修繕方法を検討しましょう。
その際には、劣化したスレート材は大変危険なのでわたくし共『街の屋根やさん東濃店』にお気軽にご相談ください。
今回は、劣化状況の写真を見ていただきながら雨漏りの原因となる箇所やメンテナンスについてご紹介していきます。
大波スレート ヒビ
ボルトから軒側に向けてスレートにヒビが入っています。
ボルトもかなり錆びています。 
ボルト コーキング
ボルト周りのコーキング材もほぼ取れかかっています。
以前の雨漏りの際に、コーキングで穴を塞いだのだと思われますが、すでに劣化して再度雨漏りしているような状態でした。
コーキング劣化
スレート材とスレート材の間の隙間を埋めるためのコーキング処理が施されていたのですが、こちらもすでに劣化が進んでいました。 
ボルト劣化
ボルトが完全に錆ついています。
スレートよりも先にそれを固定しているボルトの錆やボルトの周りのシーリング材が劣化してきて雨漏りするという状態が古い工場や倉庫でよく起る問題です。
スレート苔
苔が生えていました。
この苔が水分を含むことで、水捌けを悪くし、さらに夏の暑さ・紫外線、冬の凍結などにより屋根材を傷める原因となってしまいます。苔の発生は水捌けが悪くなってきたサインです。
ポリカ劣化
明り取り用の波板もかなり劣化が進んでおり、繊維がぼそぼそになりかけていました。
飛来物により破損の恐れもあるかもしれません。
差し替え中
破損したスレート材のみを張り替えしています。
屋根下にある機械など(この写真は屋根下が陶器を焼く窯でした)濡れては困る場合も多々あると思います。
急きょの場合はこのような一部張り替えもありです。
このような突然の補修も対応させていただいております。
カバー工法
こちらは、既存の屋根に新しい屋根材を被せる『カバー工法』になります。
全面張替えや葺き替えはアスベストを含んだ屋根材を撤去するため費用が高くなりがちです。
廃材を極力出さず、大波スレート屋根の全面改修を行う場合はカバー工法がお勧めです。
大波スレート屋根の上に金属屋根材を被せるので屋根が二重になり断熱性も向上します。
カバー工法に使われる屋根材はガルバリウム鋼板が大半で最近のものは生産時に遮熱塗料が塗られているので、夏の暑さ対策にもなります。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら東濃店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-8686-25