オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

シーリング・コーキングの役割とメンテナンス


葺き替え屋根
住宅にはシーリング材というもので防水対策されています。
このシーリングが劣化すると、住宅が防水性を失ってすぐに雨漏りを引き起こしてしまいます。
住宅を長持ちさせるためには、シーリングが持つ役割と注意点を覚えておくことが大切です。

外壁材の張り合わせから窓枠サッシの隙間、
その他にもヒビ割れの応急処置など様々な箇所に施工されます。
住宅の隙間にあるゴム状の部分で、防水機能を持った接着剤と同じようなものになります。

シーリング材は外壁に使用されることが多くなりましたが、シーリングは劣化が早いという弱点があり、
耐用年数は約10年と言われており、
劣化が進むと徐々にゴムがひび割れていきます。
またわれてしまえば、
その隙間から雨が染み込むこんでしまい、意味がなくなります。

後回しにしていると、家の防水機能が意味をなしてない事態は非常に危険なことで、
雨水が染み込んで外壁内部が腐食してしまうことも有り得ます

そうなると外壁のメンテナンスは塗り替えだけでは済まなくなり、
内部の修繕や外壁材の張り替えという大規模な工事になってしまいます。
外壁のシーリングは早めに点検をし、異常があればシーリング工事をすることをお勧めします。


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら東濃店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-8686-25