オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

テラス・ベランダ・バルコニーって何が違うの?


ベランダ
テラス・ベランダ・バルコニー。こちらの違いをご紹介します。
テラスとは建物の1階から突き出た部分のことを言います。
テラス=盛り土という通り地面よりやや高くなっています。
部屋とは窓や扉でつながっています。
屋根はあるものとないものがあります。
ベランダとは建物から突き出た屋根付きの場所のことです。
よく洗濯機などが置かれ、洗濯物を干したりするスペースが設けられていることがあります。

バルコニーとは建物から突き出た手すり付きの屋根がない場所のことです。
日本では手すりが100センチ以上の幅で110センチ以上の高さがなくてはいけません。
1階であればテラス、2階以上で屋根がついてるものはベランダ、手すりだけのものはバルコニーとなります。

ただ日本ではテラスとは屋根のないスペースの事を指しているので屋上のことをテラスといったり、
和風の一軒家ではベランダではなく縁側といったりもする。
勘違いが起きるのはこのためだろう。

おまけで、床下構造を引き延ばし床板を一定のレベルにしたもので木製のものはウッドデッキといわれる。
構造の違いによって似たような見た目でも様々な呼び方があるのです。

ちなみにベランダやバルコニーなどの床は防水処理がなされており、劣化もするので
定期的な防水処理をすることをお勧めします。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら東濃店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-8686-25