オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

梅雨の時期に多いトラブルとは


屋根の隙間
梅雨の時期、雨で肌寒かったり逆に湿気で暑くなったりとジメジメしていてしんどいでしょう。
やはりこの時期、多くなってくる梅雨時のトラブルですが、
なんでこんなことに・・・となる前に早目の対策をしましょう。

今回は梅雨の時期に多い雨のトラブルをご紹介します。

セメント瓦
屋根材の割れによっての雨漏りですが、割れてしまったからと言って今はすぐに雨漏りすることはありません。
下地材・ルーフィングがあるおかげで軽いものであれば防ぐことができます。

しかしそのままにしておいて、同じ場所から水が入り続けると釘などにしみこんで下地を破壊し雨漏りしてきてしまいます。

屋根材の特性を考えずに乗ってはいけない場所に乗って破損させたり、鳥や台風などで飛来物があたることで簡単に割れてしまします。

また経年劣化によって、屋根面と壁が当たる場所などの雨漏りしやすい箇所は特に気にされて施工されている部分であっても雨が浸入してくることもあります。

ほかにも塗装したときに縁切りがうまくできていないがために雨水がたまる可能性もあります。

他の記事にも何度も書いていますが雨どいの清掃修理は気にするべき箇所になります。
詰まりによって雨の通り道が出来ずに逆流や壁に跳ね返って大惨事になる可能性もあります。
もし万が一雨漏りしても、天気がいい日にしか施工ができません。
それを考えてでも屋根材の修理や雨どいの掃除など簡単かつすぐにできるようなところからやっていくことが大切です。
是非一度ご連絡ください!
光触媒
トタン屋根の家
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら東濃店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-8686-25