オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根への断熱の種類について


屋根の断熱
ここ最近増えてきている金属屋根に特に必要であるのが断熱材になります。

もし断熱材がない家があるとすれば、
夏であれば太陽の光を浴びた屋根や壁がとてつもない温度になり
その温度が直接住宅内にはいることになります。

冬であれば暖房で部屋を暖めても、
外から入ってくる冷たい空気が部屋の暖かい空気と一緒に逃がしてしまうことになります。

特に屋根は熱の出入りが多いです。屋根の断熱は非常に大切になってきます。

屋根の断熱
屋根の断熱といっても種類があり、大きく分けると天井断熱と屋根断熱になります。

天井断熱とは天井に断熱材を敷き詰めて家の中に熱が伝わらないようにすることです。
基本断熱材を天井に敷き詰めるだけの手軽な施工方法なため人気です。

またセルロースファイバーをつかった吹き込む方法の断熱材もあり、
断熱効果を高めるために分厚くすることもあります。

断熱材が必要なところは天井のみになるので比較的コストが抑えられます。
断熱イラスト
また屋根断熱となると、言葉の通り屋根で断熱を行う方法になります。
これは垂木の上に断熱をする方法と、垂木の間に断熱をする方法があります。
垂木の上にするのは外張り断熱、間の場合は充填断熱といいます。

どちらにしても断熱性の高い断熱材を使わなくてはならなく、施工費用が高くなってしまいます。

ただし屋根裏空間をつかって吹き抜けやロフトに天井上を使用することができるなどと
様々なことができるようになります。
室内の断熱
どちらがいいの?ということはどちらが良いのか言えません。
住宅のデザインや天井上の利用などによって変わってくるのです。

天井断熱であれば費用を抑えられます。(ランニングコスト含め)
屋根断熱であれば屋根裏をつかえます。(スペース利用)

それぞれのメリットデメリットをよく考えて施工を頼みましょう。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら東濃店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-8686-25