オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

家の屋根、アスベストが入ってるけどそのままでもいいの?


五月晴れ
アスベストが入った屋根というのは古くから使われてきました。
20~30年以上前頃は主流の屋根材でしたが、その当時耐久性が高く、軽くて安価だったためかなりの数使われてきました。

現在は健康被害があるとしてアスベストが含まれた屋根材は禁止になりましたし、販売も停止しています。
今から20年以上前に建てられたスレート屋根ですとアスベストが含まれている可能性はあります。

ただそのまま葺かれている状態であれば何も問題はありません。
工事の時、剥がしたり解体したりとすると飛散しますが、大量には飛散しません。

テレビで問題になっていたのは屋内の内装に使われていた吹付けるタイプのアスベストになります。
屋根材に使用しているタイプは基材のセメントによって固められているため、施工したりと
作業中にしか飛散しません。
このことから、単純に屋根材を撤去するのでさえ配慮しなくてはならなくなるため
処分費はかなり割高になってしまいます。
また業者も特殊な講習を受けている場所でしか施工できません。


かといってカバー工法にて施工を考えたとしても撤去費用はかかりません。
アスベストも飛散しませんし、いいかと思います。
しかし次改修工事をする場合さらに撤去費用を取られてしまいます。

よく考えてください。アスベストが入った屋根材はもとより耐久性が高い為、補修をしっかりすれば
かなりの期間持ちます。
今何をすべきかをよく話し合って適切な施工をお願いするようにしましょう。

富山街並み_R
213d22e83e325ca7fee1df963bf012ee-1-columns2
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら東濃店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-8686-25