オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

雨漏り工事をしたのに小屋裏の天井に外の明かりが・・・!


街の屋根やさんからの回答

「小屋裏の天井に外の明かりが見える。」と連絡がありました。

こちらのお客様は、以前、雨漏り工事をした方です。ちゃんと工事したはずなのに、いったいどういうことでしょう。でも、実際に「小屋裏の天井に外の明かりが見える。」と大変あわてた様子の電話です。工事工程の様子は写真で確認していましたが、とても「手抜き」工事をしたように思えません。お客様にその旨を伝えると、お客様は「写真をメールします。」とのことでした。
雨漏り板金
こちらの写真が、お客様からメールされた写真です。 
これは、屋根の棟の部分でした。あら、たしかに鉄骨のスキマ(赤〇印)から外の明かりが見えますね。これを見る限り、「まさか手抜き工事!」って疑いますよね。でも、これは普通のことなんです。 
あわてるお客様に、急いで以下の写真をメールしました。 
雨漏り棟板金
この写真は、棟板金の取付作業をしているところです。 
「面戸」は、屋根板金と棟板金のスキマを埋めるためのものです。この面戸に棟板金をビス留めして、接合部分はコーキングして雨漏りを防止しています。
雨漏り棟板金
近くで見るとこうなります。 
屋根板金と棟板金の間にスキマがあります。このスキマは、「棟換気」のために必要なスキマです。「棟換気」には、小屋裏の換気や、外壁の通気層からの 排気するための機能があります。雨水が侵入しても棟側にある「水返し」が雨漏りを防止してくれます。
きっと、小屋裏でここから入る明かりが見えたのです。
雨漏り棟板金
とはいうものの、スキマが空き過ぎているので「換気用のスキマ」を少し残してコーキングで埋めます。これなら、雨漏りが防止できて換気もできます。
以上の内容を、説明するとお客様はご理解いただけました。

  • 屋根・外壁塗装
「外壁通気工法」は維持したままリフォームしていただけるのでしょうか?
外壁通気工法とは、外壁材の裏側に通気層を設け、土台まわりから入った空気を、外壁材の裏側を通して軒裏や小屋の換気棟などから抜く工法を言います。

  • 屋根・外壁塗装
セメント瓦用塗料のカラーバリエーションは豊富?
色選びを行う上で弊社では、カラーシュミレーションをお作りしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら東濃店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-8686-25