オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

エアコン豆知識!暑い夏やジメジメな梅雨の時期を快適に乗り切ろう!


エアコン

冷房と除湿(ドライ)の違い

エアコンを使う時にリモコンを見て悩んだ事はありませんか!?
冷房と除湿(ドライ)って何が違うの?どちらを使えばいいの?
まずは、その機能の違いについて少しばかり、語らせてもらいます!

冷房機能と除湿機能(ドライ)の違いって?

夏場など、暑い時やジメジメな時にたいへん活躍してくれるエアコン!
その機能は、冷房機能と除湿機能(ドライ)です。
冷房機能と除湿機能(ドライ)の違いは以下のようになります。
室内の温度を下げることを最優先とした機能になります。
エアコンが室内の空気を吸い込み、熱がなくなり涼しくなった空気をを再び室内に戻して室内温度をさげていく仕組みになっていくという事です。
室内の湿度を下げることを最優先とした機能になります。
温度が高いほど空気が保持できる水分量が多くなります。逆に温度が低いほど保持できる水分量が少なくなります。
エアコンはその空気を吸い込み冷やす事で空気の保持できる水分量を減らす機能が除湿機能(ドライ)という事になります。

ん?じゃぁ何が違う?

基本的にはどちらも同じように空気を冷やす機能です!
ちがいは、エアコンがゴールとしてる部分になります。
つまり、、、
冷房機能は設定されてる温度になるように働くことで、
除湿機能は設定湿度まで微弱な冷房運転を行うことです。

用途に応じて!

簡単ではありますが、少しばかり語らせてもらいました!
必要に応じて上手に機能を使い分けると、ゆくゆくは節電にも繋がるとおもいます。
とりあえず、一旦ここまで、、、
また次の機会にエアコンの事を語らせてもらいたいと思います。

≫ エアコンの電気代 ≪


≫ 賢い使い方 ≪


See you next time!
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら東濃店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-8686-25