オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

外壁にカバー工法?外壁も張替えや重ね張りもできるんです!


先日コラムにて春は塗装に適した季節だというお話(塗装と季節の記事はこちらです)を書かせていただきましたが、外壁も屋根のように外壁材を新しく張替えたり、カバー工法のように重ね張りをしたりできることをご存知でしたでしょうか?

今回は外壁の張替え・重ね張りについてご紹介していきたいと思います。

外壁材は主に3つのものが多く使われています。



9da14ef2ade86aeb682f1424014be4ae
①窯業系サイディング
セメントを主原料に繊維質原料を加え板状に形成した外壁材です。
デザインが豊富で耐火性に優れています。
窯業系サイディングはそのものに防水機能がないので10年ごとに塗装をしてメンテナンスをしますが、30年以降は塗装のメンテナンスでは本来のようには機能しなくなってしまいますのでリフォームが必要になります。
リフォームでは張替えと重ね張りも選んでいただけます。

注意点ですが、張替えの際にイメージチェンジをしたいとお考えの方は今の外壁材より軽い外壁材は避けるようにしましょう。
屋根材の重さとのバランスの関係で外壁材が軽くなってしまうと地震の際に耐震性が損なわれることがあります。
重ね張りの場合は元の外壁材と新しく張る外壁材の重さが合わさるため重量が増えるごとに地震で受ける力も大きくなってしまうので、軽量な金属サイディング等を選ぶようにしてもらうと良いです。
4e1b8e922895553a2ed2489355ef7b38
②金属サイディング
金属の外壁材のことで多くがガルバリウム鋼板というものが使用されています。
金属の外壁材と聞くと暑そう・寒そうというイメージがあるかもしれませんが、断熱材が組み込まれていることや、銅縁(どうふち)という外壁とお部屋との間に隙間を作る構造から断熱効果があり、凍害にも強い外壁材です。
大変軽量な外壁材なので耐震性もあります。
メンテナンスとしては美観を保つため10年ごとに塗装をし、窯業系サイディングと同様に30年以降は寿命となります。
リフォームも窯業系サイディングと同様張替えも重ね張りも選んでいただけます。
e7559c245cfe11806281ad93d65ca235-columns1
③モルタル外壁
セメントと砂と水を混ぜて作る半固形の外壁材です。
模様を描くこともできるのでデザインに自由性のある外壁材です。
モルタル外壁も素材自体に防水機能がないので塗装が必須です。
耐用年数としては、他の外壁材と同様に10年ごとに塗装を重ねていき、30年以降は寿命となります。
リフォームですが、モルタル外壁に関しては張替えができません。
モルタルの下には金網や防水紙があり、一体化しているのでそれらも同時に解体することになるので張替えではなく、張り直しという形になります。
重ね張りは可能です。
外壁の塗装・リフォームを考えている方や、これから新築でお家を建てる方にも参考にしていただけたらと思います。
リフォームを検討したいけどどの外壁材が合っているかわからない・屋根材とのバランスに最適なものがわからないという方は街の屋根屋さん東濃店にご相談ください!
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら東濃店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-8686-25